身体0ベース運用法 / 安藤隆一郎

1984年京都生まれ。大阪府在住。京都市立芸術大学美術学部工芸学科染織専攻卒業。2009年同大学染織専攻修士課程終了。京都市内に共同スタジオ凸倉庫を作り、そこを拠点に染色作家として活動する。2016年これまで研究してきた「ものづくり」における身体操作法を<身体0ベース運用法>として形式化し、様々なトレーニングをSNSで発信して話題となる。同年にはダンサーに向けたワークショップシリーズ「合田企画Freshly Mixed」で半年間のワークショッププログラムに講師として参加。また、翌年2017年には京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAにて全館をジムに見立てた個展「0GYM」を開催する。誰もが共通言語として持っている「身体」を「ものづくりの視点」から読み解き、インスタレーションやパフォーマンス、映像、テキストなどを用いて再構築することにより、これからの人類が必要とする身体言語を作っていくことを試みる。

【個展】

2017 「0GYM」 / 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA / 京都

【レジデンス】

2019 「京都:Re-Search in 亀岡」 / 保津町 / 京都

【パフォーマンス】

2017 「Free 0 Training、具・0、0 Creation」 / 「ニュイブランシュ KYOTO 2017」 @KCUA / 京都

    「坐0」 / 「Freshly Mixed vol.2 show case」 合田企画 / 京都

【ワークショップ】

2019 「第四回身体0ベース運用法研究会-背中合わせの身体考察#02」

    「第三回身体0ベース運用法研究会-背中合わせの身体考察#01」

2018 「第二回身体0ベース運用法研究会-手つきの拡張延長#01」 / 崇仁小学校 / 京都

    「第一回身体0ベース運用法研究会-触覚地形地図#01」 / 凸倉庫 / 京都

    「野菜身体測定会」 / 京都YWCA / 京都

    「野菜身体測定会」 / Atelier LOGHOUSE / 大阪

    「坐とは?」 / 京都市立芸術大学プロダクトデザイン学科 / 京都

2017 「へんてこ筆で絵を描こう」 / Atelier LOGHOUSE / 大阪

    「坐とは?」 / 京都市立芸術大学プロダクトデザイン学科 / 京都

    「身体0ベース運用法-パーソナルトレーニング」 / @KCUA / 京都

2016 「Freshly Mixed vol.2」 / 合田企画 / 京都

【トーク】

2019 「衣服は身体をアップデートできるのか-0GYM安藤隆一郎+SAGYO / 浄土複合 / 京都

    「民具と身体-多視点で民具を想像する可能性」 / 大東市立歴史民俗資料館 / 大阪

【論文】

2018 「つくる身体そめる技法」 / 研究紀要 奈良芸術短期大学 / 奈良

    「背中合わせの身体考察-負子をとおして身体操作を発見する」 / 民具集積 19号 四国民具研究会 / 徳島