野菜身体測定会

野菜身体測定会.jpg

わたしの身長は「8ゴーヤ」。  ぼくの身長は「5.8キュウリ」。

 

野菜を使って身体測定をしてみると、メートルの時よりも私の身体は 身近なものへと変化していった。

日常的に物を測ることをしていても、1メートルや30センチと言われると一旦考え、物差しや定規のイメージから長さを思い浮かべる事はないでしょうか。私の場合、さらに50メートルや100メートルなどとなると、小学校の校庭に白線で引かれたトラックをすぐに思い浮かべます。地球の北極点から赤道までの子午線の1000万分の1であるこの「メートル」は毎日使っている尺度であるにも関わらず、なかなか私の身体の感覚に馴染んできません。それよりも少し曖昧であってもメートルできる200年も前まで使われていた「身体尺」のほうがもっと馴染見やすい尺度ではないかと思うのです。

「身体尺」とは人体から作られた尺度で世界中で見られます。今でも使われているものとしてはヤード・ポンド法と尺貫法があり、尺貫法は私たちにとって馴染みのあるものです。しかし、例えば「寸」は親指の先端から第一関節までの長さ、「あた」は親指と人差し指を広げた時の両指先の間の長さで5寸と同じ長さ。そしてこの「あた」2つ分が「尺」。というようにその由来を知った上で使うことがないと「メートル」と同じように身体に馴染まない存在となってしまいます。この「身体尺」を使って物を測ると、その物の大きさを「身体」によって理解することができます。では、「身体」を理解するためにはどのようにどうしたら良いのでしょうか。

身体尺挿絵.jpg
DSC04458.jpg

身近な野菜を使って身長計を作る。半分に切った野菜をスタンプにして細長い紙に押していき、下から順に数字を書いていくと身長計が完成する。 壁に垂らした身長計の横に立ったり、腕や顔などに合わせて測ればそれぞれがどのぐらいの大きさかわかる。 キュウリなら「何キュウリ?」。ピーマンなら「何ピーマン?」。 次第にそれはひとつの尺度として身近ものになっていく。

DSC04462.jpg
DSC04576.jpg
DSC04522.jpg
DSC04581.jpg
DSC04559.jpg

野菜尺を使って自分の身体を測り、同じ大きさを紙に写して身体図を作っていく。じっくりと身体を観察し、書き写すことによって私と私の身体との距離が段々と近くなってくる。 それは大きさを理解するための尺度が新しいものに置き換えられたことによって、「身体」の捉え方が変わってきたからである。「メートル」は確かに正確に大きさを知り、また伝えることができる便利な尺度であるが、それを決める基準となったもののスケールは私たちの日常からかけ離れ過ぎている。 身近なものを尺度にすることによって「近くの世界を理解することができる」のである。まずそれにはその中心にある「身体」を理解することが大切である。

DSC04583.jpg
DSC04562.jpg
DSC04486.jpg
DSC04590.jpg
DSC04587.jpg