<身体0ベース運用法>とは

現代の私たちが暮らす生活環境のほとんどの物は人間の身体に合わせてデザインされているため、負荷なく楽に日常動作を行うことができます。スマートフォンを見ながらでも歩き、階段を上り下りすることもできます。椅子に座るときも身体を投げ出せば難なく座れます。ボタンを押せば様々なことを機械がやってくれるし、道具も手を添えるだけで勝手に馴染んでくれます。このような環境では私の〈身体〉を意識して操作し観察する機会は少なくなってきます。その結果、近いはずの身体はどんどん遠い存在になってきているのではないかと思います。

私が関わる美術において行われる「描く」「彫る」「捻る」などの様々な技法においても〈身体〉は必ず関わってきます。しかし、美術教育の現場や作家個人の中で「コンセプト」や「技法」「素材」については考えることがあっても、身体運用について考えることは少ないと思います。そのため、多くの人が肩から手先の間だけで、道具を動かしてしまっているのです。そして、その範囲を超えたものについてはなんとか扱うか、機器による拡大技術などに頼ることが多くなってしまっています。

美術制作を始めて間もない頃、私はまずそこに疑問を持ち始めました。自分の身体を大きく超える線を描く時、どうしてもぎこちなくなってしまいます。江戸時代の絵師の描く、横幅10メートルを超える襖絵や屏風などに見られる伸びやかで長い線を見ると、明らかに現代人と同じような身体操作では描くことのできない線だとわかります。その線は絵師の身体の動きを想像させるほどのダイナミックで動きのあるものです。

 

当時の人々の身体について調べると「誰でも米一俵(60 kg)を持ち上げることができた」とか、当時の武道に励む人は「最近は世の中便利になりすぎたから山籠りでもしないと鍛練にならない」などと言っていたそうです。また、昭和初期でも女性の運搬屋「女おんな丁ちょう持もち」は米俵を5つ、300 kgを背負っていたという資料が残っています。

これらのことから、当時の絵師たちもその環境で暮らしていたおかげで自然と全身をしっかりと操作して絵を描くことができたのではないかと思います。では、当時に近づくためにはどのような方法で身体を変えていくべきでしょうか? それは筋力や瞬発力に頼るスポーツのようなものではなく、日常に近い運動の中で発見できる重心や全身の扱いなのではないかと私は考えました。

〈身体0ベース運用法〉は、染色作家として作品制作を向上させるために個人的に研究し、実践していた身体運用法を、多くの人に理解し、実践してもらえるようにそれらを形式化したものです。〈身体0ベース運用法〉とは、歩く・座るなど、日常生活の中で一般的に「安定」して行われる身体運動に「もの」を関わらせることによって「不安定」を作り出し、「不安定」を「安定」へと戻そうとする中に、人間が元来持つ運動機能を見出す試みです。これによって発見された〈身体〉は、武道・スポーツ・身体表現だけでなく、人間の活動全てにおいて応用できます。

身体との関係性が希薄になっている現代生活において新しいテクノロジーで失われた身体感覚を埋めるのではなく、人間が本来持っている力を発見していくことが〈身体0ベース運用法〉の目指すところとなっています。それは「医療」「スポーツ」「身体表現」などとは異なる〈身体〉の捉え方です。パフォーマンス、美術のような従来の表現分野に続き、道具学や農業など様々な分野と関わっていく中で、〈身体0ベース運用法〉を身体の新しい見方や考え方の一つの分野として確立できることと確信しています。

 

そして、より多くの方々が〈身体〉の重要性に気付き、それを通して物事を理解するようになることを期待しています。〈身体〉について知るたびに遠く感じるほど果てしない可能性を持っていることを発見しますが、それと同時に近い存在にもなっていきます。多くの人にとって〈身体0ベース運用法〉との出会いが、「近くて遠い身体」から「遠くて近い身体」になる機会となることを願っています。

〈身体〉について考えてみる。まず、それについて考えている脳を包む頭部とその下につながる四肢と胴を含む塊をイメージする。次に知識として理解している皮膚の内側に存在する骨格や筋肉、臓器を想像する。そこから様々に動かしてみたり、細部を観察していくことからさらに理解を深めていこうとする。そうしてやっと私の〈身体〉は多くの謎に満ちた「近くて遠い身体」であることがわかってくる。

training

0ベース基本トレーニング

多くの物事を機械が人に取って代わって行うようになり、私たちが時間をかけて身体を扱う時間が少なくなりました。それによって身体の扱いを工夫することも減ったのではないでしょうか。とはいえ、誰もが日常的に行っている、歩く、座るなどといった単純な身体操作には身体操作方法のヒントがたくさん詰まっています。

例えば、物を人に手渡す。お互いに手が簡単に届く距離にいる時は、二本の足でまっすぐ立ったままの状態で相手に物を渡すことができます。しかし、両者が手を伸ばしても届かない距離になると、無意識のうちに相手がいる方向と逆の足を持ち上げ、手をさらに伸ばしても倒れないようにバランスを取ろうとします。ここで何が起こったのでしょうか? それは「安定」した状態から二者の距離が広がったことによって「不安定」が生まれたのです。そして、それに身体が無意識あるいは半無意識に「対応」することで物を渡すことができるようになります。

このように、〈身体〉は「不安定」になると「安定」させようと自然に「対処」します。この反応の結果を観察することによって〈身体〉を理解していくことができます。〈身体0ベース運用法〉では三つの「もの」を関わらせることによって〈身体〉を読み解いていきます。基本トレーニングでは「物編」「場所編」「リズム編」によって「重心移動」や骨格、筋肉の「連動」方法や手や足の指先までの「扱い」などを学びます。

基本トレーニング図.jpg

人が日常的に行っている「歩く」「走る」といった運動にに木や石、水といった「物」を関わらせ、「不安定」を作り出し、何気なく行うことができていた身体操作に意識を向け観察します。例えば右手に長物の木を持って「走る」と、走っているうちにだんだん右足の歩幅が広くなってきます。その理由について考えて行くと「走る」仕組みがよくわかってきます。人は走る時、二本の足と腕を振って推進力を生み出すことで前に進んでいきます。左右同じ力の振りをすることによってバランスが取り、真っ直ぐ走ることが出来るのですが、右手木を持ったことによっての振りが少なくなり、左とのバランスが崩れると、全体のバランスを取るために右足の歩幅が大きくなります。さらに持ち方を変えて「走る」運動をしていくと、それに合わせて〈身体〉は多様な使い方ができることがわかってきます。これによって「物」と「身体」の重心の関係性や両者の形の合わせ方などを発見することができます。

7.jpg
8.jpg

人が作り出した人工的な環境や自然の中に地形を探し出し、そこで「移動」や「座る」といった行為を行ってみましょう。「不安定」な「場」に身を置くことで〈身体〉がどのように変化するのかを観察してみてください。

 

自然の中の様々な地形を「歩く」と、均質な素材でできている街中の地面に比べ、ゴツゴツと凹凸のある場所や柔らかい場所、両方が合わさった場所などたくさんの形があります。それは視覚だけで認識できるものではなく、足の裏から接することによってはじめて形や質感の情報が下から上へと伝わってきます。足を置いたその瞬間に「場」の形状に合わせて足の指や平を自在に変化させしっかりと捉えます。そして足首から上の関節や筋肉などもその情報を元に〈身体〉に連動して変化させてバランスを取ります。

 

この際に使う〈身体〉は日常で靴を履いて歩く平地とは使い方が全く異なります。平地では足の指や平を複雑に使うことはありません。また、足全体ではほぼ前後の部分だけで歩いています。しかし、形状の複雑な場では足を縦横無尽に連動させて使います。そうすると今までとは違った新しい〈身体〉の地図が広がっていきます。

 

都市の中では自然のように不規則に大きく変化する地形は少ないですが、靴を脱ぎ裸足で歩くとそこにも自然と同じような変化が溢れていることを発見します。しかし、全身で大きく捉える自然のそれとは異なり、足の先端で捉える情報は細かな形状や質感です。情報は視覚情報のように脳までダイレクトに伝わり、視覚と合わせて二つのモニターを同時に観るような不思議な感覚を覚えます。

 

「もの」をみるとはどういうことなのか。五感のチャンネルを操作することによってみえ方は大きく変わることが発見できます。条件を変化させると様々な発見があります。例えば、履物を一つ変えるだけで地面から伝わる情報は大きく変わります。また、背負子などの運搬具を使用すると「不安定」要素としての条件が加わります。

日常生活において私たちを取り巻く建築空間や家具などは身体に合わせてデザインされています。そこでは身体を意識して動かす必要はなく、無意識に身体を預けても受け止めてくれます。しかし、「歩く」時と同じように「場」に〈身体〉を任せると、〈身体〉を形作る全身の皮膚は自然と「場」と形を共有し、その「場」の輪郭と内側の構造を捉えることができます。

2H8A2290-77.jpg
2H8A1859-19.jpg
2H8A2177-42.jpg
DSC00830.jpg
DSC00836.jpg
2H8A1924-27.jpg
2H8A2019-41.jpg
2H8A1953-31.jpg
2H8A1801-10.jpg

人の「動き」のバリエーションは250万年以上前に人類が道具を使い始めてから、その発展とともに増えました。しかし、高度な機械の発達によって一度増えた「動き」は次第に減ってしまいました。例えば木材加工だと、かつては人力で切り倒し、製材していたものも今では機械でそれを行っています。人力で行っていた頃、そこには身体運動による作業の「リズム」がありました。繰り返し反復する中で楽に効率良く作業ができる気持ちのいい「リズム」です。おそらく、そういった職人が集まる地域では作業のリズム音が様々に鳴り響いていたことでしょう。

 

この「リズム」は「目的(叩く、削るなど)」・「物(道具)」・「身体(動き)」の三つの関係性によって決まります。つまり、[ 目的 × 物 × 身体 = リズム ]となり「物」が変わると「リズム」も変わるということです。そして、「リズム」が変わると「身体」が変化することになります。「リズム編」ではこの仕組みを使います。特定の「目的」に似た「身体(動き)」他の「リズム」を当てはめてみます。そうすると、その「リズム」に合わせるために「身体」が変化していきます。

 

例えば「叩く・打つ」という目的を持つ「丸太はつり」に「麺切り」の「リズム」を当てはめるとリズムのテンポは速くなり、その「リズム」を打つためには身体操作の方法を変える必要が出てきます。このなかで変化する全身の動きを観察することによって動きの仕組みを理解していきます。

 

この「リズム編」で使用する「リズム」を〈他人のリズム〉と呼びます。〈他人のリズム〉は機械化などに伴って失われつつある人の〈身体〉が作リ出す心地よい作業音です。この音は身体運動の楽譜であり、その作業の動きを読み解くための貴重な記録となります。〈身体0ベース運用法〉ではこの〈他人のリズム〉を収集しています。収集された音はトレーニング用の楽譜としてだけでなく、今後、道具とその文化と〈身体〉の関係性を学術的に解釈するためのものとしても役立つと考えています。

DSC02047.jpg
DSC02027.JPG
DSC02070.jpg